<body> <script type="text/javascript" src="https://ad.netowl.jp/js/webcrow-php.js"></script>
私立メロン高校パソコン部
13057160

PANDAファイル復元ソフトGUI


2021年04月19日 05:04:00

ファイル復元ソフトです。
ゴミ箱から削除したファイルを復元できます。
powershellのスクリプトです。
windows10、7、8で使えます。

私が作ったPANDAファイル復元ソフトpowershellとの違いですが、
PANDAファイル復元ソフトpowershellは正規表現でヒットした
ファイルを全て一括で復元しますが、
PANDAファイル復元ソフトGUIの方は、
データベースに復元情報を入れて、
GUI上でキーワードで検索して
チェックを入れたファイルのみを選択して復元できます。
復元可能なファイルはどんなファイルがあるのか確認できてわかりやすいです。

2021/4/19
ダウンロード
http://shimarisu.webcrow.jp/file/fukugen_gui.zip

posted by 管理人
カテゴリー ファイル管理ソフト
view(934)
コメント(1)


1.名前:管理人 2021年04月19日 05:08:00ID:

PANDAファイル復元ソフトGUIを公開したので落としてください。
http://shimarisu.webcrow.jp/fukugen_gui.html

ファイル復元ソフトです。
ゴミ箱から削除したファイルを復元できます。
powershellのスクリプトです。
windows10、7、8で使えます。

私が作ったPANDAファイル復元ソフトpowershellとの違いですが、
PANDAファイル復元ソフトpowershellは正規表現でヒットした
ファイルを全て一括で復元しますが、
PANDAファイル復元ソフトGUIの方は、
データベースに復元情報を入れて、
GUI上でキーワードで検索して
チェックを入れたファイルのみを選択して復元できます。
復元可能なファイルはどんなファイルがあるのか確認できてわかりやすいです。

使い方

モジュールのPowerForensicsが必要です。
管理者権限でpowershellを起動して
Install-Module PowerForensics

setting.iniを設定します。
保存フォルダ=
に書き出したいフォルダのパスを入れます。
実在するフォルダを入れてください。
この設定は空にはできないです。

ソフトの起動方法ですが、
そのまんまfukugen_gui.ps1をクリックで起動では
エラーで使えないので注意。

まずはデータベースに登録します。
Windows PowerShell ISEを管理者権限で起動します。
「開く」からfukugen.ps1を開きます。
「スクリプトを実行します。」を押して
スクリプトを実行する。
「復元したいドライブのドライブレターを入力してください。例えばC:。」と出るので、
復元したいドライブのドライブレターを入力してエンターキー。
しばらく待つと登録が始まります。

次にGUIを起動します。
Windows PowerShell ISEを管理者権限で起動します。「開く」からfukugen_gui.ps1を開きます。
「スクリプトを実行します。」を押して
スクリプトを実行する。
「キーワード」に検索したいキーワードを入れて「開始」ボタンを押します。
復元したいファイルにチェックを入れて「復元」ボタンを押します。





名前   
本文


削除キー
戻る